ママのための【怒り】コントロール法

↑オーディオでも聴けます♪(約6分)

 

子供や夫にイライラしませんか?

コロナウイルスで在宅勤務や時短勤務、幼稚園、保育園、学校の休校。

・朝昼晩の食事の支度
・旦那の「やっといたよ~」の家事報告
・テレワークにのぞき込む子供
・静かにしててって言ったのに遠くの方でケンカの声
・自分だけ仕事部屋を作る旦那

時間配分や心の切り替え、今までのルーティンが崩れてイライラ!

巷では「コロナ離婚」等という言葉まで出てましたね。

「あ~、分かる気がする~」と私は思っちゃいました。

皆さんはいかがでしたか?

まぁ、コロナがなくたって日常で子供や夫にイライラする事なんて沢山ありますよね。

でも出来る事なら「イライラ」しないで楽しい穏やかな毎日を送りたい。

「家族ってやっぱり良いよねっ!」ていう優雅な気持で生きたい!

そこで今日は、「怒りのコントロール」についてお話ししたいと思います。

なんで、コロナが終息しかけてきたこの時期に?と

お思いでしょうが、心が動いた時ほど身につくからです。

 

ここ数カ月のご自身の生活を振り返りながら読み進めてくださいね↓

 

イライラをコントロールする方法

その場を離れて深呼吸(トイレや別室にて)

水をコップ一杯飲む

ゆっくりと6秒かぞえる(人の感情は6秒で落ち着く)

さぁ~、いかがでしょう。
これらは、全てどこかで聞いた事のあるやり方ではないでしょうか?

 

実際に私も行動してみたことはあるのですが、
ちっとも効果がありませんでした。
私の場合、少々効果があったのは「水」でしょうか。
お腹に沢山の水分を入れると「怒り」の隙間がなくなる感覚とでもいうのでしょうか?

皆さんもやった事のない事がありましたら、試してみて下さいね。
人の感情にも個性があるので一概にコレっといったものはありません。

 

マインドフルネス(瞑想)

最近話題の方法がこれです!

現在は医療機関や教育機関でも取り入れられています。

「怒り」の感情もコントロールできる効果があるとされています。

【呼吸の瞑想方法】

①椅子に背筋を伸ばして座り、目を軽く閉じる

②呼吸に意識を向けます

③鼻から息をすいお腹が膨らんだり縮んだりする動きを感じる

④呼吸はコントロールせずに自然に任せる

⑤雑念が入った場合には呼吸に意識を集中させる

 

そして、最後に

怒りのメカニズムを知る!

怒りという感情は「身を守るため」の感情です。
危機から身を守る為に人に本来備わっている大事な感情なんですね!

このことを踏まえると夫にはおそらく「身を守るため」の防衛本能が働いているんだと思いますが(笑)、
未熟な子供に向ける怒りの感情はできる事なら抑えたいところです。

子供へのイライラは、未熟なコミュニケーションから生まれます。

・出来ない事へのイライラ
・言葉を理解できない事へのイライラ
・感覚が備わっていない事へのイライラ

いかがでしょうか。

子供はまだ10年も生きていないんです。分からなくて当然ですね。

【怒りの感情は2階層になっている】

怒りには

・一次感情=本当の気持

・二次感情=怒りの感情

があります。

イライラ「怒り」は二次感情です。

実はこの下に隠れている本当の気持があります。

この隠れている感情《一次感情》が怒りにかわるんですね。

では《一次感情》にはどんなものがあるのでしょうか。

≪一次感情≫

不安・不満・寂しい・怖い・焦り・疲れ・・・・
その他にもあります。

《一次感情》を言語化できるまでに自身の心を落とし込むと
怒りの根源が見えてきます。

 

今日は、日頃「有料ミニ講座」で使っている資料を貼ります。参考にしてみて下さい。

有料ミニ講座の内容はコチラから

 


 

最後に・・・怒りと子供の脳

 

子供がいう事をきかなかったり、思い通りにならないとついイライラしてしまいます。そのイライラも限度を越すと子供を叱りつける行動へと。

よくありがちではありますが、叱りつける事が多くなると子供の脳の「扁桃体」という部分がストレスホルモンの分泌で傷ついてしまうのです。

※扁桃体・・・感情を深く司る中枢

幼児期に人の脳は約90%出来上がってしまうと言われていますのでこの大切な時期に子供の脳を傷つけてしまうのはとても危険ですね。

ぜひ、ご自身の心と向き合って「怒り」のコントロールをしてみて下さい。

私は偏屈な性格なので、やっぱり、【怒りのメカニズムを知る】これが一番腑に落ちました!

皆さんの心や育児にも変化がある事をお祈りしています。

>期間限定プレゼント!【子どもの脳力アップ☆ママの声かけ】動画

期間限定プレゼント!【子どもの脳力アップ☆ママの声かけ】動画

遺伝でもない!詰め込み学習でもない!学ぶ力を育てるのはママの子育て習慣。将来、「勉強しなさい!」と言わない子育て法がココにあります。ぜひ、気づきになって頂ければ幸いです。

CTR IMG